オイルマッサージ

Massage Therapy/新宿REN MASSAGE
新宿REN MASSAGEではより効果的なマッサージを提供出来るよう、アロマセラピーやスウェディッシュ、ロミロミ、バリニーズマッサージなど、さまざまなオイルマッサージのメソッドを取り入れております。ここではそれぞれのマッサージについて少し説明をいたします。
東京都新宿区/新宿REN MASSAGE>オイルマッサージ
アロマセラピー
アロママッサージはさまざまな働きを持つ植物由来のアロマオイルでマッサージをすることでこころと体、美容に作用します。アロマセラピーという言葉は1931年ごろフランス人化学者ルネ・モーリス・ガトフォセによって作られました。化学実験中に火傷を負ってしまってなかなか治らなかった傷に、ラベンダーの精油を使ったところ回復したという経験を基に、精油とその効能について研究しアロマセラピーという言葉をつくりました。アロマセラピーは植物の持つ力を利用して、心とからだをより良い状態にする自然療法としてヨーロッパでは治療法の一環としても使われています。人間が本来持っている自然治癒力をサポートしてくれるのがアロマセラピーの作用です。アロマトリートメントで用いられる代表的なアロマオイルには抗炎症作用や痛み緩和、神経の緊張、不安を和らげる効果や安眠作用のあるラベンダー、風邪や咳など気管支系の症状の改善や気持ちをスッキリさせる効果のあるペパーミント、ホルモンバランスの調整にゼラニウム、若返りのハーブともいわれるローズマリーなどがあります。

スウェディッシュ
スウェディッシュは欧米で最も一般的なマッサージです。19世紀初頭ストックホルムで生まれ、さまざまなオイルマッサージの基本ともいわれています。解剖学、生理学をもとに静脈、リンパ、筋肉の流れに沿って施術を行い、身体全体のリラクゼーション効果を高め、疲労の緩和、代謝促進、ホルモンバランス調整、ストレス解消、健康維持増進を助けます。

リンパドレナージュ
リンパドレナージュは1930年頃、フランスでエミール・ヴォデール博士によって生まれました。当時、博士が受け持っていた鼻炎に悩む患者の中に首や喉のリンパが腫れているものが多いことから、リンパの流れの悪さが病気に関連しているのではと考え、治療法としてリンパドレナージュを考案しました。
”マッサージ施術者の手の下でリンパ液が本来の流れを取り戻すとたちまち細胞の生命は回復し肌の奥から美しさが蘇るのが実感できます。”とはリンパドレナージュの生みの親エミール・ヴォデール博士の言葉です。現在はリンパの流れを良くすることが体質改善や美容にも効果があることがわかり、エステサロン等でもリンパドレナージュ(リンパマッサージ)が利用されています。

ロミロミ
ロミロミマッサージはハワイ伝統のマッサージです。手のひらや肘を使い、筋肉を揉みほぐしていくオイルトリートメントです。自然治癒力を高めリラックスした状態を作り出します。

バリニーズ
バリニーズマッサージはインドネシア伝統のマッサージです。植物由来の大衆薬を取り入れたトリートメント。天然オイルを使い静脈やリンパに沿って撫でるように手を滑らせていくロングストロークのオイルマッサージです。リラクゼーション効果を高め疲れやむくみをとります。

施術カテゴリー、キーワード
新宿REN MASSAGE:オイルマッサージのある店舗・サロン、アロマセラピーのある店舗・サロン、リラクゼーションのある店舗・サロン、リンパマッサージのある店舗・サロン、オールハンドでの施術、隠れ家的、リラックスできる空間、プライベート空間、駅近く、日曜祝日OK、20時以降もオープン、東京メトロ丸ノ内線、四谷、新宿御苑前駅、新宿三丁目駅、新宿駅エリアのマッサージ>REN MASSAGE